元ネタ

Greasemonkeyに、はてブポスト機構を追加するGreasemonkeyスクリプト : http://d.hatena.ne.jp/nastack/20080610/1213100873

はてなダイアリー版が有れば結構便利そうなので、作成してみた。
単体では特に意味はないGreasemonkeyなので、他のGreasemonkeyから呼び出して使用します。
@includeの初期値が*となってしますが、使うところに限定する方がいいかも。

gist: 35464 — GitHub

使い方ははてブ版とほとんど同じで、上のをインストールしてなるべく上の方におきます。
Altキーを使って移動させる。

ポスト機構の使い方

if(!window.Hateda)return; //ポスト機構ができていなかったら終了する

var atom = new window.Hateda(
    "userID", //ID
    "password" //パスワード
).include(this);

IDとパスワードはどちらも文字データで入れてください。

var userID = "userID"//ID
var passWD = "password" //パスワード
var atom = new window.Hateda(
    userID, //ID
    passWD //パスワード
).include(this);

という感じでも大丈夫です。

上でユーザーの情報をポスト機構に割り当ててから、実際にポストさせます。

atom.post(
        ["test", "tags"], //タグ 配列データ
        "titlename",      //title
        "comment",    //コメント
        function (){ //ポストが完了時実行される
            console.log("post!")
        }
    )

ポスト機構はかなり手抜きで日付は設定させてないので、常に最新の位置にポストしています。