gistに置いたファイルの最新版を常に参照するraw masterなURLが最近変更されたり、昔使えた方法が使えなくなっています。

詳細は以下を参考に

gistのページのファイル名の横にraw master URLへのリンクを追加するGreasemonkeyです。
Scriptishの場合は、リンクをクリックするだけでクリップボードにURLをコピーします。

<a href="http://efcl.info/wp-content/uploads/2011/06/2011-06-14-ss1.png"><img style="background-image: none; border-right-width: 0px; padding-left: 0px; padding-right: 0px; display: inline; border-top-width: 0px; border-bottom-width: 0px; border-left-width: 0px; padding-top: 0px" title="2011-06-14-ss1" border="0" alt="2011-06-14-ss1" src="http://efcl.info/wp-content/uploads/2011/06/2011-06-14-ss1_thumb.png" width="240" height="209" /></a>

  • gist: raw master URL for Greasemonkey この仕様変更により、Greasemonkeyで.txtでrequireしてたりするスクリプトは新しくインストールすると死んでいると思うので確認が必要になるかもしれません。