AsciiDocではHTMLも直接埋め込む事が出来ます。

++++
<iframe src="http://ghbtns.com/github-btn.html?user=azu&repo=promises-book&type=fork&count=true&size=large"
  allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="0" width="120" height="30"></iframe>
<iframe src="http://ghbtns.com/github-btn.html?user=azu&repo=promises-book&type=watch&count=true&size=large"
  allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="0" width="170" height="30"></iframe>
++++

しかし、このHTMLの埋め込みはbackend(出力形式)がHTML以外の時にあると逆に困ってしまいます。
(PDFとかの場合パースエラーの原因になったりする)

そのため、backendに何が指定されたかを判定して埋め込む必要があります。

AsciidocにはSystem Macrosというものでif分岐が出来ます。

定義されてるかどうかの判定をするifdef

ifdef::<attribute>[]
trueの時
endif::</attribute><attribute>[]

変数の比較をして判定するifevalがあります。

rs458が2かどうか

ifeval::[{rs458}==2]
:
endif::[]

本題に戻ってifevalを使って--backendで指定されたものを判定すれば、
htmlに出力してるかがわかります。

ifeval::["{backend}" == "html5"]
++++
<a href="https://github.com/azu/promises-book/" style="position: fixed; top: 0; right: 0;border: 0;"><img style="border: 0;" src="https://camo.githubusercontent.com/38ef81f8aca64bb9a64448d0d70f1308ef5341ab/68747470733a2f2f73332e616d617a6f6e6177732e636f6d2f6769746875622f726962626f6e732f666f726b6d655f72696768745f6461726b626c75655f3132313632312e706e67" alt="Fork me on GitHub" data-canonical-src="https://s3.amazonaws.com/github/ribbons/forkme_right_darkblue_121621.png" /></a>
++++
endif::[]

という感じで書いておけば、$ asciidoctor -b html5 index.adocでビルドした時だけ埋め込むことが出来ます。