#jxck_sushiに参加してきた。

2回目の#jxck_sushiだった。

今回はServerlessを使った匿名でGitHub Issueを立てるAPIを作ったという話をしてきた。

jser/ping: ping! your issusを作ったときに必要だったのAPI Gatewayとlambdaを使ってAPIとして作った話。


Walter

TODO: スライドはここに

  • FirebaseとIndexedDBの話

内容は :sushi:

Serverless FrameworkでのAPI作成

スライド: Serverlessを使った匿名でGitHub Issueを立てるAPIを作った

  • jser/ping: ping! your issus
  • API Gatewayとlambdaを使ってブラウザから叩けるAPIを作る話
  • CORSの設定とかもServerless Frameworkから設定ファイルだけで簡潔して便利だった
  • lambdaのテストについて
  • handlerのスクリプトをローカルで実行できるようにするしか…
  • ApexやServerlessは実際にlambdaを叩くCLIがある
  • console.logを細かく仕込んでCloudWatchで見るとか
  • AWSのサービスと連携した場合が結構たいへん

Web Component v1

スライド: webcomponents v1 libraries by laco

  • Custom Element v1などがでた
  • ライブラリ
  • Polymer 2.0
  • SkateJS
  • が対応してる
  • Custom Element v1はクラス継承に対応してる
  • Polymer 2.0は継承路線
  • SkateJSはWebComponentとJSXとincrementJSに対応してたり、タグ定義は独自関数
    • 自前でpolyfillを持っている

AMP

  • 社内フレームワークとしてのAMP
  • 社内フレームワークとしてのWeb Components
  • よくJavaScriptとかしらない人が <TPLogin /> とかでログイン画面を作れるとか
  • AMPのいいところは imageのwidthを指定しないとバリデーションで落ちる
  • バリデーション通らないとSEO不利なのに皆対応するという強制力
  • そういった強制力をWeb Componentsで出せる?
    • JSXのpropTypesみたいな?
    • 今のところ仕組みはなさそう

Web Components 銀の弾丸

  • CSSにとってはやっぱり銀の(ry
  • CSSのスコープ
  • けどCSSはレイアウトをするために外から差し込める口が必要
    • テーマ機能とか
    • CSSむずかしい
  • v1ではopenとclose modeとなった

それCSSでできるよ

  • 可変長のリストの話

セマンティックス

  • <img src="jxck.png"> を見てどう思うか
    • alt
    • title
  • altを付けるのはスクリーンリーダのためだけではないという話
  • title属性の使い道は現在のUAだとツールチップぐらい
  • セマンティックスが先にあって、それを消費する形が正しい姿
  • 今title属性を消費するクライアントがないからという理由で、titleを省略していくという考えは変なのではという話
  • HTMLの仕様ではMUSTが正しいとは言えるけど、それ以外はどう見たら正しいのかという指標が難しい
  • 正しさを正しいと評価するツールが欲しいのは分かる
  • HTTP
  • getでdeleteするな話
  • Google Botsがクロールして全部getして消える話
  • Google Botsのために"getでdelete"を避けるじゃない

Node Interactive Europe

prh

preflight

  • WHATWG module loaderでCORS強制する?
  • TODO: この辺に議論されてるURLが入る

Angular1と2

  • Angular2は半年に1度メジャーを上げる予定?
  • Angular1と2で落差がある
  • 信頼を取り戻すのに Angular 4ぐらいまでかかりそう
  • 1を管理画面などの業務系に使っていた人たちが多い
  • Truly覚悟が必要

おわり