ECMAScriptの仕様策定に関する行うTC39のミーティングログはすべて公開されています。

ECMAScript は 毎年5-6月あたりに新しいバージョンが公開されます。 新しいバージョンに入る仕様は、毎年1月のミーティングで確定します。(なのでES2019はもう決まっています。) そのため、ECMAScript 2019の仕様に関する議事録は2018-03 から 2019-01 の6回分になります。(2ヶ月に1度開催される)

このログを読みながら、進んでいるプロポーザルや進まなかったプロポーザルについてを見ていく読書会をしました。 なぜそのStageになっているのかという、数値だけではわからない背景についてをログから読み取ることが目的です。

読書会のアジェンダ:

ECMAScript 2019の間のProposalのStageの変更点

ECMAScript Proposal Diff Toolという特定の日付間で、ECMAScriptのProposalのStageの変化を見るツールを書いたので、その結果を次のgistにまとめてあります。 扱う範囲はES2019に関連する変更が入ってそうな2018-02-01 - 2019-02-01をまとめてあります。

  • 新しくできたProposal
  • Stageが更新されたProposal
  • Stageが更新されなかったProposal

についてまとめてあります。

一年の間に提案から仕様策定まで完了したのは、Object.fromEntriesとWell-formed JSON.stringifyの2つだけです。 JSON supersetやOptional catch bindingなども仕様策定が完了しES2019に入りましたが提案からは2年ぐらいかかっています。 BigIntやDecoratorなど大きな仕様は1年の間にStageが変動していないこともわかります。 ZonesとかDecimalなどは最後にミーティングで話されたのも数年前なので放置されているようです。

これは2019年2月時点のStageなので、最新の状況はtc39/proposals: Tracking ECMAScript Proposalsをみてください。

読書会のログ

10:00から18:00ぐらいまで読書会をやっていたのですが、読めたのは次の3つのミーティングまででした。

今回読めたのは、合計で700kbぐらいのログのようでした。

File size of tc39

また、Twitterのログは#TC39MTGに投稿してあります。

tc39-notesの読書会に興味がある人は#TC39MTG@azu_reまでお知らせください。 結構モチベーションの維持が難しいやつ(1つのログに2-3時間かかるため)なので、イベント的にやったほうが良さそうな気がします。

まえはイベント化してましたが、Doorkeeper有料になってからやらなくなってしまってました。

以下は今回の読書会でのメモ書きです


tc39-notes/es9/2018-03 at master · rwaldron/tc39-notes

標準ライブラリの話

  • 9.i.v Open-ended discussion: How should we evolve the JavaScript standard library over time?
  • lodashとか細かいパッケージが膨大
  • ユーザー空間で標準ライブラリはとても難しい
  • Array#flatの失敗などもある
  • std: に関連するモチベーションとしてNodeでは http2 のような名前がすでに使われている
  • なので std:http2 のような特別な名前空間が欲しいというモチベーションがある

10.i.d Debugger operands for stage 1

const log = (v) => {
  debugger { group: 'logging' };
  console.log(v);
};

WH: The spec doesn't say what the dev tools should do. If an IDE wants to label a break point with its label, that's its prerogative to do so.

  • 仕様は開発者ツールが何をするべきかを述べてはいけない
  • Debuggerを強化することには賛成だけど、ユースケースが明確じゃない

10.i.e Logical Assignment Operators for Stage 1

  • ||= の構文
  • JavaScriptでは falsy の範囲が他よりも広いのでちょっと難しい

JRL: My main use case is to use it as the assignment operator, and for not repeating myself when doing deep assignments.

  • ちょっと複雑になりすぎる。
  • ショートサーキットを作るべきユースケースが少ない

10.i.i Update on improved TC39 documentation efforts

10.ii.b Richer Keys for stage 1

BFS: Correct. The order is important and duplicates are allowed

  • orderが重要
  • WeakMapのGCのやり方重要になる。
  • 今はシンボルのtable一発なので、複合キーだと複数となる
  • 今の仕様ではWeakにおけるComsite Keyは難しいので仕様に入れる意味はある

10.iv.b JavaScript Classes 1.1

  • classは1996年11月のTC39ミーティングで提案された
  • max-min classes 1.1.pdf
  • クラス内にクラスを書いた場合はshallowing
  • この提案にはpublicとprivateに一貫性のある構文を提供してる
  • けどネストケースに懸念がある
class {
  [this.foo]() {...}
  x = this.foo;
}
  • [exp] という構文自体はOK

Class syntax is describing a pretty compound construct with a pretty flat context structure.

  • クラスはフラットなコンテキスト構造を持つかなり複合的な構成を記述する構文
  • # は新しい _ (private proposalの方)

BigInt status update

  • BigIntは仕様がでかいから実装者のレビューが進んでなくて、Stageが進んでいない感じっぽい
  • 特にFirefoxはその辺のリソース不足
  • JSCとV8はIgaliaがベースに
  • 単独の実装者による懸念?

Weak References for stage 2

Optional chaining for stage 2

  • CoffeeScript の 90%のユースケースは満たせる

12.iii.c function.sent needs a champion

  • function.sentはAllenが提案していたが、今championがいない
  • 募集中

10.iv.e Pipeline operator


tc39-notes/es9/2018-05 at master · rwaldron/tc39-notes

9.i.b. Normative: Add export * as ns from "mod" to Export production and Module Semantics

  • test262待ち?
  • テスト -> 実装者のフィードバック

11.i.d. Optional catch binding for stage 4

  • Optinal catchは実装待ち
  • => ES2019にはそのまま入った

11.i.e ECMAScript as a superset of JSON

  • tc39/proposal-json-superset: Proposal to make all JSON text valid ECMA-262
  • JSONはStringにU+2028 LINE SEPARATOR and U+2029 PARAGRAPH SEPARATORを含められる
  • けどJSではLineTerminatorなので文字列に含めることができない
  • このProposalはECMAScriptの文字列リテラルはU+2028とU+2029を含めるようにする
  • つまり、LineTerminatorからはU+2028とU+2029を取り除く

Function.prototype.toString revision updates (slides) and stage 4

  • async functionもサポートした
  • MM: "must return a consistent result" so everytime you ask a question it always gives the same answer?
  • 必ず同じ値を返す一貫性がある
  • これをちゃんとレビューしてから

Top Level Await

YK: WASM already enabled this. In Chrome, for example, you cannot transpile to a synchronous module. Separately, a question: when you cycle-back, do you block?

  • moduleのときに同期がどうこうなのが焦点

String.prototype.codePoints for Stage 2

Well-formed JSON.stringify

Revisiting String.prototype.matchAll

  • 実装待ち
  • => ES2020で入る

Stopping exfiltration: Massive privacy violations vs boundaries

  • POLA === Principle of Least Authority

MM: The advice of only "origin boundaries are security boundaries" is unworkable. Use only 3rd party libraries you've fully vetted—this is impractical advice.

  • 気をつけてでは解決できない
  • サードパーティスクリプトによって境界をまたいだ情報の取得が行われている
  • Realmにはセキュリティ以外の用途もある

Module Keys Strawman for Stage 1

  • ライブラリとしてじっそうしないのはなぜ?

In ISE we often have to migrate from a project where it has no privileged state mechanisms to an environment where it does.

  • すべてのモジュールに公開鍵を入れる

Realms

  • Realm == DOM free iframe

Class fields status update

  • TDZの問題

Class Access Expressions

WH: If it requires an explanation this long, it's going to be an uphill battle to get anyone to understand what it's doing. We should keep it simple.

  • superも同じように複雑な部分はあるがそこに価値がある
  • けど、class.propも同じようだけど価値が少ない
  • ただ、this.constructorでアクセスするというのはただのパターンで、そこに統一的なものを用意するのは合理的である

Numeric separators update

Pattern Matching for Stage 1

MSL: If the parser sees an match ( (match plus open parens), does the parser have to parse as a potential function?

match( だけでは関数かは区別できない

DH: In a perfect world we would maintain that symmetry, but unfortunately JavaScript is not that perfect world, and we don't have symmetry already. I'd rather get the new, desirable conditional form without that perfect symmetry, then incrementally advanced to reach that symmetry eventually.

  • 完璧な世界ではその対称性は維持されますが、残念ながらJavaScriptは完璧な世界ではなく、まだ対称性はありません。
  • 私はむしろ、その完全な対称性なしに新しい望ましい形を得て、それから次第にその対称性に到達するように進歩させたいと思います。

Binary AST

  • ユースケースはパフォーマンス
  • パースコストが減ればサイトは数%から数十%早くなる
  • これは大きなサイトにとって見えているので大きなモチベーションになる
  • FB、Googleなど
  • ただs、ASTにおける互換性とは何かという問題はある
  • でもECMAScriptの仕様自体も変化しているので、同じコードでも時代によって実行のされ方は変わるのは同じ
  • このASTの仕様は中にあるべきか外にあるべきか
  • ESの中にあって制御出来たほうが望ましい
  • ただASTはかなり専門性が使う側にとっても必要になるのではという話
  • 今はStage 2の議論に集中
  • Stage 3になるにはどうすれば
  • この仕様は圧縮形式のフォーマットを考えるならさまざまな委員会と関係する ? IETF?
  • Binary ASTのフォーマットの仕様を作って承認されたら?

tc39-notes/es9/2018-07 at master · rwaldron/tc39-notes

ArrayBuffer.prototype.transfer()

Explicit Resource Management

using (expr) {
  // statements...
}
  • Javaのtry-with-resources statement

RBN: (Shows slide 18). When the end of the block hits, you effectively have two try/finally blocks. You have effectively a stack of resources allocated, then you need to clean up these resources in reverse order.

  • 例外は普通にtry-catch併用

WH: I'm OK with this feature. I'm not OK with the using syntax, because it creates cover grammars on top of cover grammars. The try syntax, on the other hand, is fine. It also matches with what Java's try-with-resources statement does. RBN: We should use the regular try block semantics to be consistent with try blocks if we use the try syntax.

WH: There are no existing expectations for this feature. On the other hand, using identical syntax to Java's but with reversed semantics would be very confusing to anyone who knows both languages, making it hard to remember which one is which.

TC53

New name for global

  • global の別名

Dynamic Modules

  • Dynamic Module Records - Google スライド
  • CommonJS 動的なモジュールのためにModule Recordを追加しようという話
  • wasmですら追加してないのに必要なのかどうか
  • どこでCommonJSとのInteropを仕様にするべきか
  • Loaderと同じ問題

Updates on First-class Protocols

MF: It's like the bind operator. But I really do hope to avoid adding any new calling pattern. And I do hope that this is a feature not everyone has to learn.

  • 3つの機能があるので分解するべきという話

DD: One take on this proposal is that it is proposing three separate things:

  1. It is a partial class feature.
  2. Symbol based properties in a simple way.
  3. It has a shallow type checking feature.

ただこれ3つで1つだから分解すると意味をなさないという話

  • mixin vs. protocolではない

Reviewing the future JS syntax throughout the current proposals (overflow)

  • 最近のECMAScriptの提案を俯瞰しての話。
  • Catch Bindingは小さな変更だけどtest262にとってはとても難しい変更だった
  • https://github.com/tc39/test262/pull/1483
  • Proposalベースで話が進むので全体を俯瞰 = Proposal同士のconnectは結構複雑になっている
  • 次のようなコードも将来的にあるかもしれない
class C {
  #x = [0, 1];
  @restricted
  static async * #foo() {
    yield * do {
      await this.#x;
    }
  }
}
  • ES6のときはAllenが全部の機能をホワイトボードに書いて3日ぐらいトリアージした
  • 構文の重複に関してはProposal間でアドホックに調整している
  • 一方でユースケースが重複するProposalもでてくる
  • アドホックグループのような形で解決していく
  • Babelのフィードバックが行われたケースとBabelでも本当に非推奨なProposalプラグインとなってしまったケースなど

We kind of learned from the decorators issue, where people used these features way too early, and make it very clear to people that these are not real JavaScript features.

  • ECMAScript ProposalのsandboxとしてのBabel
  • BabelによってObject Spreadのようにいいフィードバックがくることもあれば
  • Decorator plugin(legacy)のようにあまりに早く使われ過ぎで良くないケースもある

Package name maps

JavaScript Standard Library

SCR:In Android, for example the standard library will get implemented but then it will take years to make it into the actual platform and widespread enough to use. You end up with messy ways that you implement fallbacks and polyfills; for example, you need to pull in polyfill code for everyone, even browsers that support said feature, unless you have sophisticated fallback mechanisms. I think that a really important part of this discussion is how do we deal with this and make a transparent and standard way for dealing with these fallbacks/polyfills rather than dumping the fallback/polyfill problem into user land.

  • 標準を作ってもすぐには浸透しないのでpolyfillが使われる
  • そのためpolyfillの問題はでてくるので、洗礼されたfallbackの仕組みは必要
  • => TAGの議論

参考リンク